冷蔵庫の位置を決めて一戸建て住宅を設計する

家具や家電の配置が決まらないまま一戸建て住宅を設計しても、まあそれほどまには困ることはないでしょうけれど、しかし冷蔵庫だけは位置を決めて設計してもらうのがいいと感じています。なぜなら、冷蔵庫には左側開きタイプのものもあれば、右側開きタイプのものもありますからね。まあ、ひとつの製品で両方用意されているのものですが、しかし「冷蔵庫の扉の開く方向」は考えた方がいいと思います。新築マイホームに入れる冷蔵庫には新しいものを使うのでしたら、対応のしようがあるでしょうけれど、そうでないのならば、「今使っている冷蔵庫のタイプ」をあらかじめ工務店側に伝えた方がいいでしょう。そうでないと、「右側に開くにしても壁が当たって開きづらい」ですとか、「扉が90度までしか開けない」といったような使いづらさに、いざ新居に冷蔵庫を入れてみてから気づくのでは遅いものですから。また、両開きドアの場合も冷蔵庫を置く位置は考えますから。壁側に寄せるしかない場合ですと、満足に扉が開けなくなることもありますので、設計段階で考慮する必要があるのです。