二世帯住宅を注文住宅で建てるには

主人の実家を改築して二世帯住宅にしたため特に共用部分がなかなか決まらず時間がかかりました。また義母、主人、私で意見が分かれることもありそこをどうやってすり合わせていくか、またどこまで妥協するかなどかなり悩みました。二世帯住宅であり予算にも限りがあるのでお金をかけるところ、逆に削れるところなどの見極めも難しいところでした。オープンハウス(完成見学会)やモデルルームへ一緒に見学に行き、実際の建物や設備を見てお互いに素直な意見を言い合いそれぞれが納得するまで時間をかけました。キッチンやお風呂などの設備はショールームへ見に行き詳しい説明を聞いて自分たちに必要だと思う機能(設備)、もしくはなくてもいいと思われるものを実際に目で見て確認しながら決めていきました。どうしてもなかなか決められない部分は担当の建築士さんや工務店など専門の方に相談して意見をもらいながら進めていきました。後で後悔しないためにもできる限り妥協はせず自分が納得いくまで家族で話し合う事が大切です。新築などの完成見学会へ行き実際に人が住む家を見に行くとイメージがしやすいと思うのでお勧めです。私は多治見市でマイホームを建てました。