注文住宅だからこその設備選びの注意点

注文住宅は住宅設備に関しても、自分の好きなメーカーの好きな製品を入れられます。ですからこそ、設備選びの際には注意して欲しいことがあるのですよね。それは「余計なものをつけないこと」ということです。ハウスメーカーで建てるマイホームの住宅設備のように、注文住宅には制限がありません。メーカーも好きなメーカーを選べれば、製品に関しても好きなもの。そしてもちろん、オプションに関しても好きなようにつけられます。注文住宅は住宅設備に関しても、自由自在に選ぶことができるというものですから。しかし制限がないからこそ、そしてまた「後からつけるのは大変だから」と思うからこそ、余計につけすぎてしまうのですよね。具体例をあげますと、自動お湯はり機能があるにも関わらず、浴槽の端に蛇口もつけておいたりとか…。自動お湯はり機能付きの浴槽ならば、蛇口からお湯を入れることは滅多にないものですからね。しかし、設備を選択している段階では「要るかな?」と思ってしまう不思議があるのです。そしてオプションでつけてしまったりするのですが、けれど実際は使いませんねぇ…。ですからこのような「余計な付け足し」がないようにも、住宅設備をしっかりと選びましょう。とくに注文住宅で家を建てるという人はなおのこと!