一戸建ての強みを知った

昨年は、お隣の県が地震の被害に遭いました。実は我が家も、そのときの地震で、裏の崖が少し崩れたんです。畑の一番奥だったので、崩れたことにもしばらく気づかなかったくらいでした。今回はそれで済みましたが、災害は他人事ではありません。さて、我が家は古い一戸建てですが、もしマンションだったら、と考えてみました。管理費や修繕費の積み立てをしているといっても、地震でかなり大掛かりな修復をすることになったとして、それが賄える額でしょうか。また、マンションの住人みんなの総意をまとめなければ、改築はできないでしょう。購入費と管理修繕費以外に、お金を出すことはできないという人たちがいたら、修理計画も頓挫してしまいます。いっそ取り壊して売ろうたって、やはり全員の承諾が必要でしょう?それに比べ、一戸建てなら、自分たち家族だけでどうするかを決められます。再建の資金が不足なら、ユニットハウスでもかまわないでしょう。最悪、庭にテントを張ってでも、生きていくことはできるんです。自分の土地に寝られるなら、車中泊よりはマシだと思います。それに、庭まですべて畑にし、ニワトリやヤギを飼ったら、自給自足もできるじゃないですか!地震だけじゃなく、北の方のとある国に備えて、防空壕を掘ったらどうだろう、なんてわりと真剣に考えちゃいます。土岐市でマイホームを建てました。